Home > 館長

0703心をこめて

コロナ対策で、「新しい生活様式」の定着が望まれています。今月は、コロナからはなれたお話を届けたいと思います。学校がはじまって元気な子どもたちの声がかえってきました。

笑顔で「おはようございます」、笑顔で「おはよう」とかえします。心のこもった声に元気をもらいます。朝の挨拶にどのような「心」を乗せて相手に届けられるか。一日のスタートに心を込めたあたたかい声で・・・・「いってらっしゃい!!」

0601公民館開館

公民館が開館しました。新しい生活様式がスタートしています。公民館の使用においては、手指の消毒、マスクの着用、検温そして3密を避けていただくなど必要な対策をとっていただきます。また、感染抑止では、人と人の間に十分な距離を保つ「フィジカル・ディスタンシング(身体的距離の確保)」が重要とされます。さらにこれからは熱中症対策を考えなくてはなりません。みんなが気持ちよく使える公民館にしましょう。

020403新型コロナ対策(2)

先月に引き続き、新型コロナが日本中いや世界中で話題になっています。デマ情報もインターネット上に多く出ていますので注意をすると同時に正しい情報・対応を知ることが大切です。

今は、新型コロナに「人から感染しないこと」から「人に感染させない」という考えが重要です。最良の方法は、人との接触を避けることですが、「都市封鎖」、これが実行されると社会的にも経済的にも甚大な被害が出るといわれています。そこで、こんな時こそ、コロナウイルスに右往左往することなく、今まで時間がなくて取り組めなかったこと、それもひとりでやれることに挑戦してみてはどうでしょう。例えば、読書をする、部屋の整理をするなどなど・・・。

020306新型コロナ対策

国内で新型コロナ対策が様々に打ち出され、様々な方面で自粛が広がっています。当公民館でも以下のことをお願いしています。

・不要不急の活動は自粛する。

・手洗い、マスクの着用、換気を行うなど感染予防に心がける。

・会議等の利用については、できる限り時間短縮を図る。

・体調がすぐれない方は、自宅待機など出席を控える。など

今、しばらくの辛抱でしょうか。しかし、先が見えないのも事実です。デマに乗らず、冷静な言動が求められています。

020202その情報確か?

今、新型肺炎(新型コロナウイルス)感染が報道されない日はありません。感染者数、死亡者、感染した国、潜伏期間など様々な情報が、テレビや新聞、情報誌をはじめSNSでも・・・。このように様々な方法を通してもたらされる情報が正しいのかそうでないのかを見極めることは大切なことです。多くの人が間違った情報を共有したらそれがあたかも真実のような形で伝わっていきます。新型肺炎(新型コロナウイルス)感染も正しい情報を得て適切に対処しましょう。

020127こころを軽く!

人間社会で、ストレスはつきものです。人間の心は天気と同じで移ろいがあり、多少の曇りがあるものです。引きこもったり、症状が重くなると病院にかかったりもします。そこで、初期段階で自分が出きることのアドバイスをしたいと思います。ひとつは、心を無にして自分の好きなことに熱中してみること。ひとり旅に出るのもよし、すきな音楽や映画はたまた落語などを観賞するなど・・・。ふたつは、心の中のもやもやを割り切ること。できないことを無理にしなくてもよい、ことわってみよう。悩みは人にはつきもの。ひとつぐらい悩みを持って元気の糧にするぐらいでいきましょう。心もずいぶん軽くなるのではないでしょうか。

PAGE TOP