Home > 館長

010617あいさつをしよう

皆さん、「人と出会った時に何と話されますか」という問いにどう答えられますか。
「今日は天気がいいですね。健康でボチボチやっています。」など、天気や近況報告などでしょうか。初対面の方には、「はじめまして」でしょうか。
日常生活では、おはようございます。こんにちは。ありがとうございます。失礼しました。ごめんなさい。さようなら等・・・。これらわずか数文字の言葉が、相手との距離を縮め、心が開かれます。改めて言葉の力を認識しました。

今日も元気に笑顔で一声、「いってらっしゃい」。

310523母の日に思う

真っ赤なカーネーションをお母さんにプレゼントした記憶はありませんか。母親は、幼子をしっかりだき、そして子どもは母親の温かみを感じたことでしょう。わが子を想う気持ちに勝るものはないと思いますが、近ごろは児童虐待のたいへん悲しい事件が報道されます。相談する人が近くには必ずいます。親子とも幸せになって欲しいものです。

310422平成から令和へ

5月からの元号が「令和」と決まりました。あと8日余りで「内平かに外成る」(史記)の平成の時代が終わります。30年余りの期間、世界、日本そして播磨町でまた自分の身近なところで様々な出来事が起こりました。次の時代はどんな世の中になるのでしょう。誰もわかりません。しかし、みんなの力で協力・助け合い誰もが住みやすい社会にしていきましょう。実践者は私たち一人ひとりです。

310319播磨町の予算

神戸新聞に播磨町19年度当初予算案の記事がありました。子育て・福祉分野として、予防接種の助成、子育てや介護、引きこもり相談に応じる総合相談専門員の増員など、教育分野として、2小学校の給食施設の整備や全小学校へのエアコン設置など、またまちづくり分野として、望海公園の整備、中央公民館・総合体育館の改修、水産物の生産支援などが記載されていました。私たちのまち播磨町の予算について考えてみるのもよいのではないでしょうか。

310216人生訓をつくろう

ネットを見ていたら面白いことがでていたのでご紹介します。

「ことばのごろ合わせ」で自分なりの「人生訓」を作るというものです。

ひとつ紹介します。

≪日常生活の「かきくけこ」≫

「か」は、何事も感謝する。「き」は、興味を持つ。「く」は、工夫する。「け」は、健康に留意する。「こ」は、好奇心を持つ。

310121新聞より

昨年の世相を表すことばは、「災い」でしたが、新春の書写山円教寺で新年の願いや思いを込めた漢字一文字を大書する「新春夢の書」がありました。そこで、和紙の屏風に書かれた字は「恩」という字でした。ちなみに2017年は「誠」、20018年は「潔」が選ばれました。本年度の「恩」への思いは、「恩には恵み、慈しみの意味がある。報恩を心に置き、思いやりを持って1年を過ごしてほしい」とのことです。

このようなみんなが住みやすく、居心地の良い地域であって欲しいものです。

1月の神戸新聞より一部抜粋)
PAGE TOP